初心者の為の持ち物check!

タックル 1番大切。コレを忘れたら何しに行くの? レンタルの場合は大丈夫です。
クーラーBOX 釣った魚は大切にね。氷は用意してあります。出船前に入れて下さいね。
ジグ 通常120g~250gぐらい。深場をやる場合は300g以上も必要になりますよ。
ルアー 夏場のキャスティングではフローティングタイプのルアーも面白いです。
プライヤー 先っちょがオープナータイプの物が望ましいですよ。
ハサミ&ノット結び器 根掛かりも多々あります。切れたら終わりじゃなくて、再度結んでトライ!
ナイフ 無くても大丈夫ですが、魚を〆る時にあったほうが便利。
予備の小物類 ジグの予備はもちろんフックやリーダー、結束リング等、備えあれば憂いなし。
収納BOX ジグや小物をケースやバッカンに入れて船上に持ち込むのがベター。
ライフジャケット 自分の命は自分で守る。もし忘れちゃった場合は無料レンタルします。

以上、釣り道具関係。もちろんこの他にベテランは今までの経験の中で多種多様な必需品があると 思います。でもまずは上記があれば大丈夫!また今後自分で見極め必要なアイテムを揃えて いってくださいね。



身のまわり編

食事&水分 お腹が空いては戦はできぬ。夏季は特に水分を多めに
※桜丸には船内に電子レンジと電気ポットがございます。どうぞご利用下さい。
帽子&サングラス 夏の日差しは特に強いです!日焼けはもちろん危険防止にも。冬季は防寒で。
履物 長靴がベター、夏場は足の甲まで隠れるタイプを。とにかく滑らない物スパイクは厳禁。
カッパもしくは上着 船上は気温より寒く感じるので夏場であっても薄手の上着を

他に手袋(グローブ)を着用する人もいらっしゃいます。 その他、手拭用のタオルとか・・・。寒い季節には防寒対策を万全に。 あとはデジタルカメラなど。せっかく釣った魚ですから記念撮影をどうぞ。 携帯電話のカメラもいいですが電波が弱いため充電がすぐになくなってしまいます。 それとデジカメもそうですが防水機能がないと思わぬトラブルになってしまう可能性も。